5G

去年、2020年にソフトバンクが5Gに関するCMを出していたような気がするが、はたして一般の消費者はその広告を見ただけで、5Gになると一体何が変わるのか?ということをハッキリと認識できただろうか。もちろん答えは否。現に私自身もよく分からなかった。

 

なんとなくだが、時代が変わるかのような印象をほんの少しだけ持った人は多いかもしれない。

 

今回は、これまで4Gの回線を利用してスマートフォンを日常生活で使うのが当たり前だった私たちと、5Gの導入によって変化していく私たちの生活について紹介していきたいと思う。

4G LTEでできたこと

まず初めにおさらいしておきたいのは、4Gの時に使っていたLTEによって実現した2つの出来事だ。

高速無線技術による2つの変化

スマホで動画視聴

1つ目は動画の視聴。無料であればYoutube。有料であればNETFLIXなどが挙げられるが、こういった膨大な画像データをダウンロードするサービスがスマートフォンを使って簡単に利用することができるようになった。

 

画像1枚表示させるのに時間が掛かっていた時代からよくここまで進化したものだ。

 

多様なアプリ

2つ目は多種多様なコンテンツの充実移動通信システムの進化と、端末自体が高性能になったということから、今までよりも高速でデータを送受信することができるようになり、その結果、様々な人々がアプリと呼ばれる便利なソフトを気軽に扱えるようになった。

 

アプリの種類は本当に幅広く、万歩計や電卓などの簡易的なもの以外にも、3Dの高度なゲームまで存在する。

5Gになってからできるようになること

まだまだ5Gが浸透しているわけではないため、ハッキリとしたことは断言できないが、技術的に何が変わったのかということと照らし合わせながら、これからできるようになることを予想していきたいと思う。

超高速なデータ処理の実現

データ処理

3Gから4Gに切り替わった時にも体感したことがあるが、5Gへと移行することで、今回も同じく圧倒的な速度の差を実感することができるだろう。

 

なぜなら、5GはAI/loT時代のICT基盤を使ったまま、現在の移動通信システムよりも100倍も速いブロードバンドサービスを提供することができるからだ。端的に言えば、既存の物を使って100倍早くデータ処理ができるようになると言うことだ。

 

これは総務省の調査によると、4G LTEでは2時間以上の映画を見るために5分間かかっていたダウンロードの時間が、たった3秒で済むようになるらしい。

超低遅延の実現

陸上スポーツ

例えばテレビを見るときに、生放送を見ているはずなのに、実際の時間と少しズレがあったらどう思うだろうか。正月を祝う番組で、テレビの方でカウントダウンが始まり、いざ年が明けて芸能人たちが大はしゃぎしている様子を、まだ0時を迎えていない大勢の視聴者たちが冷たい目でそれを見ている。非常に残念ではないだろうか。

 

これまで、利用者が遅延を体感してしまうレベルの高速回線しか用意できなかったものが、5Gになることでついに消滅する。

 

こちらも総務省によると、5Gでは4G LTEの10倍のリアルタイム通信を実現することができるらしい。ということは、人間が違和感を感じることなく、携帯電話にてスポーツ観戦などを楽しむことができるようになるということだ。

多数同時接続の実現

多数同時接続

携帯電話以外にも、パソコンなどを使ったあらゆる通信システムに革命が起きる。1つの回線に対して約100個ほどの端末やセンサーがネットに接続することがでいるようになるため、大家族がwi-fiを使いまわしたとしても、特に不自由なくネット上のコンテンツを楽しむことができる。

 

4G LTEの場合はスマートフォンやパソコンなど含めて数個ほどしか接続できないが、この制限が大幅に増えるため、日常的にネットに接続する端末の数がかなり増えると予想できる。これも別のページで紹介したが、家電1つ1つがネットに接続することができ、それらが携帯端末に対してあらゆるデータや情報を送ってくれることになるだろう。すると、生活がより便利なものへと進化する。

3つの革命と天才

技術者

  1. 超高速
  2. 超低遅延
  3. 多数同時接続

この3つが社会に対して大きなインパクトを与え、我々の社会はまたしても10年の進化を遂げることになるだろう。

 

しかし、どうやら現段階ではまだ実用化には時間が掛かるらしく、もう少しだけ私たち一般人の中で普及するまで待つ必要があるとのこと。私はこれまで、もの凄く簡単に5Gになるとどうなるか、ということを口先だけで紹介してきたが、これらすべてを可能とするためには、天才的な技術者たちの絶え間ない努力が必要不可欠なのだ。